メニュー
リモートアクセス

レガシーVPN

レガシーVPNは、古いプロトコルや技術を使用した従来のVPNです。デメリットとしては、まずセキュリティの問題が挙げられます。古い暗号化方式や脆弱性が存在することがあり、現代のセキュリティ脅威に対して十分な保護を提供できない可能性があります。また、レガシーVPNは拡張性に制限があります。大規模なネットワーク環境やクラウドインフラストラクチャに対応しづらく、柔軟性やスケーラビリティに欠けることがあります。さらに、セットアップや管理が複雑で時間とリソースを要することもあります。これにより、導入や運用にかかるコストが増大する可能性があります。総合的に見て、レガシーVPNは現代のビジネスニーズには適しておらず、よりセキュアで柔軟な代替ソリューションが求められています。

執筆者
VAIO株式会社
開発本部 ITソリューションセンター/センター長
安藤 徹次
執筆者
VAIO株式会社
開発本部 ITソリューションセンター/チーフセキュリティエンジニア
瀧川 晶義

保有資格:情報処理安全確保支援士(登録番号:第018873号)

VAIOは、これまでVAIO事業の拠点としてきた長野県に本社を構え、経営・開発・製造一体で運営し ています。成熟期に入ったPC市場の中で、法人向けのビジネスを強化。20年以上PC開発で培った技術力とノウハウをもとに、ハイブリッドワーク時代は無視できないセキュリティの不安解決にも注力しています。このブログを通じて、法人の皆様のセキュリティ強化に役立つ情報を読みやすいコンテンツにまとめてお届けしていきます。

キーワード

Learn More導入にあたって気になるポイントを詳しく解説します