メニュー

ソコワク活用ヒント集

ソコワクが、働き方の変化を支援します。
様々なビジネスシーンに対応できるソコワクの活用例をご紹介。

CASE 01

テレワーク

CASE 02

営業

CASE 03

HR

CASE 04

情報システム部門

CASE 05

設備管理部門

CASE 06

金融関連

CASE 07

建設現場

CASE 08

報道現場

CASE 09

遠隔医療

CASE 10

コールセンター

CASE 11

地方自治体

テレワークの活用ヒント

テレワークでIT管理者を悩ませるサポート対応と、正しく端末利用が行われているかの不安。
ソコワクなら常時接続が、どこにいてもずっとオフィスネットワークにつながっている安心を提供し、自動接続が、誰にでも使える簡単さを提供します。VPNを利用しなかったことでPCがウイルスに感染するといった人の脆弱性を仕組みで防止することが可能です。

営業の活用ヒント

ソコワクなら、PCを開くだけでオフィスと同じ環境をすぐに利用できます。最新の在庫状況や納期をイントラにあるシステムでリアルタイムに確認でき、お客様の要望や質問にもすぐ対応することが可能です。接続の手間もいらず、お客様を待たせることなく商談もスムーズ。顧客からの信頼獲得や満足度を高めます。

HRの活用ヒント

ソコワクの名前は、『あなたがいればそこはワークプレイス』から生まれました。労働人口が減少する今、どこでも働ける環境を提供することで子育てや配偶者の転勤、介護等による優秀な社員の離職を減らすことは、企業の競争力向上の取り組みとして重要です。ソコワクのネーミングには、PCがあれば、どこでもオフィスになれる、誰でも使える、そんな想いがこもっています。

情報システム部門の活用ヒント

増え続ける営業所や支社との専用回線のコストに頭を悩ませていませんか?自動接続、常時接続を実現するソコワクなら、通常の光回線だけで支社や、営業所から安全に本社に接続できます。ソコワクの持つローカルセグメント自動判別機能により、ローカルデバイスとの通信も問題ありません。

設備管理部門の活用ヒント

休日のトラブルや、システム再起動も、ソコワクなら遠隔地から容易に対応できます。社内インフラだけではなく、遠隔地にあるシステム保守もリモート対応可能です。出張移動の時間とコストを削減でき、休日・深夜対応における負担も軽減できます。

金融関連の活用ヒント

多くの金融機関では、データをDC(データセンター)でホスティングし、VDIなどを利用することでデータアクセスや持ち出しを厳しく制限しています。こういったVDI環境においても、ソコワクはDCに安全にアクセスする手段として利用されています。VDIがデータの持ち出しやウイルス感染を防ぎ、外部からの安全なアクセス経路はソコワクで守る。ソコワクは、そういったシーンでも利用されています。

建設現場の活用ヒント

大規模建設現場では、本社との接続に閉域網やVPNを利用するケースが多いと思います。しかしながら、建設現場が終了すれば、再び回線の解約や、閉域網の設定変更など大変ではないでしょうか?ソコワクなら、新たな工事現場でも、拠点側、閉域IP網側の設定変更不要で、フレッツ一本敷設で対応いただけます。専用閉域IP網と比較しても、大幅なコストダウンが可能。現場で使うPCは、普段の端末をそのまま利用できテレワーク端末との併用も可能です。

報道現場の活用ヒント

一分一秒を争う報道現場。記事の送信に手間取っては、せっかくのスクープも台無しです。記事を起こせば、あとは送信ボタンを押すだけ。ID/パスワードの入力や、二段階認証は必要ありません。もちろん、操作ミスやパスワードの期限切れによってうまく接続できないといったトラブルとも無縁です。

遠隔医療の活用ヒント

患者さんの健康状態などを含むため厳格に管理されるべき電子カルテ情報。一方、過疎地やコロナウイルス感染者の急増により訪問診療によって医療体制が支えられているケースも多くありますが、この際にカルテ情報をいかなる形であれ持ち出すことには、大きな不安が伴います。ソコワクであれば、ネットワークさえあればどんな場所からでも院内にある電子カルテに安全にアクセスできます。もちろん自動接続によって、電子カルテへのアクセスも瞬時に完了。患者さんを待たせることもありません。

コールセンター の活用ヒント

個人情報を扱うコールセンターは、情報管理を厳しく行う必要があります。しかし、意図しない利用方法などによりデータ漏洩が起きるケースが後を絶たない背景には、テレワークが中心となる働き方の変化によって端末の監視が難しくなっている事情もあります。ソコワクなら、そんな心配はありません。常時接続機能が端末の常時監視を実現し、IT管理者の不安を解消します。

地方自治体の活用ヒント

住基ネットやLGWANなど、セキュリティ要件の高いネットワーク構成である三層分離を求められる官公庁のネットワークも、クラウドサービスの進化と利用の加速により、αモデルから、β、β‘モデルへのシフトが進んでいます。このような変化の中、ソコワクの安全性が評価され地方自治体のテレワーク環境として利用が行われています。

Contactソコワクの特長を詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ
0263-50-7002(月〜金 10:00〜17:00)

よくあるご質問はこちら

無料

サービス紹介やお役立ち資料を
無料でご活用いただけます