メニュー

株式会社 東武エナジーサポート さま  導入事例

  • 業種石油卸売業
  • 従業員数〜100人
  • 課題テレワーク環境のドラスティックな改革

エネルギー関連の各種事業を展開する株式会社 東武エナジーサポートさま。以前からリモートデスクトップのソリューションを利用されていましたが、コロナ禍によって在宅勤務が急増した事に伴ってさまざまな不便が生じました。さまざまなサービスを試してもストレスが払拭できずにいたところ、ソコワクと出合って一気に解決。もったいないほどありがたい、お喜びの声をいただきました。

導入前の課題
コロナ禍でテレワークが拡大 「不便」の声が続出。

ご担当者
管理部 岩内 潤 さま

弊社は販売管理の社内システムがオンプレ環境にあり、営業メンバーはリモートデスクトップのサービスでアクセスするか、会社に戻ってローカルからアクセスする必要があります。また、地震などの災害が発生した際にも公共交通機関へ燃料供給をする必要があるのですが、2011年の東日本大震災の時にはPCが使えず、紙に書くアナログな手法で数量のやりくりを乗り切りるなど苦労もあり、そのような経験から「災害の際も外から販売管理システムが使えないか」という機運が生まれました。この課題を解決するために、さまざまなサービスを試行しました。リモートアクセスとしては、VPNも検討しましたが、セキュリティ的なリスクや実際の通信速度の遅さへの懸念もあったことから、「繋がらない」「遅い」といった問題はあれど、あるリモートデスクトップのサービスがベターだという結論になり導入していました。社内システムのメンテナンス用に一部VPNの利用を継続していましたが、こちらのセキュリティリスクは懸念点として残り続けていたという状況です。

そこから一気に状況が変わったのが、新型コロナウィルスの蔓延による環境の変化です。それ以前は持ち出す端末の数も頻度も少なかったので、多少問題があれど、その場その場で対応し、「(不便ですが安全なリモートアクセスとは)そういうものです。」という説明で済んでいたのですが、在宅勤務が当たり前になり、そうもいかなくなりました。ユーザーから「繋がらない」「不便だ」「固まる」などの問い合わせが急増し、テレワークが普及すればするほど、システム担当者は逆に在宅勤務できなくなる状態が続いていました。また、当初は利用者に対して従来同様に「いくつもの製品を検証したが、そういうものなので」と言って納得してもらっていたのですが、いざ自分がテレワークでリモートデスクトップのサービスを使うようになると、「こんなにもストレスが積み重なるのか」と驚いた側面もあります。

多くの社員がテレワークを経験したことにより、快適さを高める必要性とそれに伴うコストについて、社員や役員が同じ空気を共有できるようになったことは、新たなサービスを検討する上で大きかったと思います。ただ、利便性は高めたいけれどもとにかくセキュリティは第一。弊社は東武グループの企業として、「東武」の名を冠しています。万が一情報漏洩など何らかの被害が発生すると、グループ全体の信用に影響します。そのリスクを考えると、大掛かりなシステム変更やサービスを替えるのが怖くて二の足を踏んでしまう部分もありました。

選んだ理由
自動接続と個体認証による快適性で社内にいるのと同じ快適さ

さまざまなサービスを検討しましたが、やはりリモートデスクトップ系のサービスだとどれも謳っている通りのパフォーマンスが出ず、マウス操作が思ったように追従できなかったり、画面が固まったりと課題を解決できるサービスが見つからなかったところに、VAIOさんより「ソコワクSecure RDP Connect」(以降「ソコワクRDP」)をリリースしたので紹介させて欲しいとの連絡をいただきました。その中で担当者の方からソコワクRDPを試しに――ということで体験させてもらったら、「本当に外から使っているの!?」というくらい快適で驚きました。それで病みつきになって離れられなくなりまして…これは罠に近いものがあるなと(笑)。全く固まらないし、ウソみたいに快適。私が言うのも何ですが、他の方にも1回試してもらいたいくらいです。そのユーザー体験を経て一気に興味を持ち、なんとか課題を乗り越えつつ導入したいと思うようになりました。

会社として導入するまでには周囲に理解してもらうことが必要です。上司や役員に説明したのは「技術的部分」と「快適性」の2つ。技術的な部分については、携帯電話と同じ個体認証の仕組みを利用しており安心して利用できる。――ということをソコワクの担当者が作ってくださった資料などを提示することで納得してもらえました。快適性については、1回使ってもらえればあっという間。ソコワクRDPのPCを渡して「これで1日仕事をしてみてください」と。なんの不自由もストレスもなく、会社といる時と同じように使えたので、効果はてきめんでした。

すでに、リモートデスクトップのサービスを利用していたということもあり、ソコワクRDPに乗り換えることを検討していましたが、「ソコワク」であれば社内ネットワークに接続しているのと同じ状態が作れるとのことで、リモートデスクトップの利用も、持ち出した端末からファイルサーバーへ直接アクセスして利用することも、シーンに合わせて両方が利用可能と聞き、途中からソコワクの導入に切り替えました。

もともと、ネットワークを入れ替る計画があり、それに合わせてリモートアクセスを導入する場合には専用の機器を置いてVPNを繋げることになるが、セキュリティや操作性の面で課題の解決は難しく感じていました。ソコワクでは、今までの課題も解決しつつ、さらに快適に使える。「機械をただ入れ替えて終わり」ではなく、サービス面でもすごく良い影響が出るということで、すごくモチベーションも上がりました。

ソコワク導入においては、新規に専用のフレッツ光回線を引くのはコスト面でハードルが高かったのですが、既存のフレッツ回線を利用する提案を新たにしていただき、更に工期も短縮可能。不安な部分もサポートしていただけたので助かりました。担当者の方から弊社の利用形態に合わせた構成について提案いただき、今までの課題がすべて解決できるのではないかという思いから、頑張って導入してみようという気持ちになりましたね。

一般的なVPNを使って社内に入ると、最初はパスワードを入れて、繋げて、それで少し接続を待って社内ネットワークに入る――という時間と労力のコストが必要です。ソコワクはそれがなく、個体認証の自動接続。何も意識せずに仕事ができます。この快適さは本当に大きな魅力。リモートデスクトップのサービスとは違い、ネットワークの導入が必要なので入れ替えにあたりある程度の労力は必要なのですが、これを超えるサービスがないので「ソコワクを入れられるなら頑張ろう」と思えるくらいでした。本当に一番です。

導入後の成果・効果
社員からの問い合わせが激減 テレワークが当たり前に

ソコワク導入後、リモートアクセスは、ソコワクしか使わなくなりました。従業員や役員も最初は半信半疑でしたが、騙されたと思って僕が経験したように使ってもらって浸透。良いとも悪いとも何とも言われず不安になって「どうなの?」と聞くと、「すごくいい。こんなのあるならもっと早く言ってよ。」という感じで、本当に使いやすい物は何も言われないんだと実感しました(笑)。

リモートデスクトップのサービスだと会社に置いてあるPCを立ち上げたり接続したりといった操作が必要ですが、ソコワクではそれすら不要で本当に楽なのに、セキュリティは高い。非常に好評です。

営業の社員などはモバイルPCを開いて、直接ファイルを編集しメーラーに貼り付けて送るだけ。オンプレミス環境の販売管理のデータなども閲覧できるし、判子もExcel上で押せる。これらが自分のモバイルPCだけで完結できるようになり、快適さが向上したと聞いています。従来は持ち出し前にモバイルPCにコピーしていた共有サーバーにあるファイルも、ソコワク導入後は、エクスプローラーから共有サーバーのファイルを直接ダブルクリックするだけで開けてしまう。「一体いくらかかったんだ!?」というくらい、すごく驚かれました(笑)。自分が想定していたよりも、ユーザー側にとってのメリットは大きかったようです。

ご担当者様のコメント

1度体験すると、この快適さから離れられなくなります。ソコワク担当者の粘り強いサポートも非常に助かりました。

導入に際しては非常にわかりやすい資料を作成してもらい、機能をイメージしやすく社内決裁や説明に利用させていただき非常に助かりました。メールの文章だけで読むとなかなかイメージが浮かんでこないことがあったり、電話での説明だとわかったような気になっても理解できなかったりする場合も中にはあります。ソコワク担当者のご説明がすごく分かりやすく、それを何回も粘り強く説明してくださって、すんなり腑に落ちました。優しい方でよかったですし、そうでなければ途中で投げ出していたかもしれません(笑)。

「快適性」というのは相手に伝わるようで伝わりにくいところもあって、実際に使ってもらうまでは問題意識を持っていないと難しい。費用がかかっても快適性を取るかと言われれば、わからない人からすると「今の環境でもできるだろう」となってしまいます。そうした社内の人たちにどう快適さを伝えていくか。逆に1回体験しても分かってもらうと、もう離れられなくなると思います。以前は「(PC操作)ストレスの多いテレワークはイヤだ」と口をとがらせていた社員が、今では「今日は会社に行かなきゃいけないのか…」と言うようになり、今では逆転現象が起こっています(笑)。

余談ですが、弊社はもともとVAIO PCを導入しています。社員からしてもブランドに対するプラスイメージが大きかった部分も、結果的には今につながっています。実際に「VAIO PCを導入する」という話になったら、デスクを片付け始めたり棚を買ったり掃除し始めたり、VAIOを美しく飾れるようにしていました(笑)。憧れのブランド――というイメージがあるんだと思います。

「外出先から販売管理システムを操作できるように」というのが入社してからの課題で、様々なサービスを検討してきましたが解決できるサービスに巡り合えていなかったのですが、ソコワクを導入したことにより、既に導入済みだったVAIO PC、TRUST DELETE Biz for VAIO PC※1との組み合わせで長年の課題がすべて解決しました。ありがとうございました。

※1 TRUSTDELETE Biz for VAIO PCは、ワンビ株式会社が提供するVAIO PC向け遠隔消去情報漏えい対策ソリューション

お客様プロフィール

所在地  東京都墨田区向島1-33-9 第3東武館6階
URLhttps://www.tobu-es.co.jp/
概要 東武グループの系列企業で、エネルギー関連の各種事業を展開する。燃料・潤滑油・石油製品類および液化石油ガスの販売、産業用・住宅用太陽光発電事業、新電力事業として「東武のでんき」など。「顧客第一主義」「持続的な企業価値の向上」「すべてのステークホルダーに信頼される行動」を経営方針とし、エネルギー事業のベストミックスを追求する。1992年設立。