メニュー

ソコワクの特長 特長1. ソコワクが圧倒的に快適な3つの理由

1、PCを開けば社内ネットワークに自動接続・常時接続

ソコワクはID/パスワード入力などのユーザー操作はいっさい不要です。なぜなら、個々の端末に個体認証用の認証キーを保持しており、このキーを用いて毎回自動認証しており、接続までの動作が自動で行われるからです。この仕組みによって、ユーザーを一日何度も行う接続作業から解放し、仕事の生産性が向上します。

ユーザーが社内にいる場合、PCを立ち上げれば、社内ネットワークに自動で繋がって、すぐに業務を開始できることは当たり前です。それと同じ体験をテレワーク中の自宅であっても、外出中のカフェの中でも、あらゆる場所で実現することを可能にしたのが、ソコワクの大きな特長と言えます。あなたのいる場所、“そこ”が“ワークプレイス”になります。

2、通信コストの安い回線に自動切り替え

ソコワクは通信コストの安い回線に自動切り替えをする機能を有しています。

無線WANに接続している状態から公衆無線LANへの接続に切り替えれば、接続に必要な通信コストを低減することが可能となります。ソコワクには、無線WANから無線LANを利用した通信に自動で切り替える機能があります。もちろん、無線LANが届かなくなって通信が切断されれば、無線WANを利用した通信に自動で戻ります。

通常、VPNではこのネットワーク経路の切り替えが起きると、再度接続操作を行う必要がありますが、ソコワクではユーザーがVPNの再接続操作を行う必要はありません。通信の瞬断のみで、常に通信コストの安いネットワーク、通信速度の速いネットワークをソコワクが自動選択します。

『無線WANのコストも気になるけど、いまネットワークを切り替えると、再接続が発生するのが面倒だな、、、』そういった感情から、ユーザーを開放します。

3、ブレイクアウトの自動化

ソコワクはブレイクアウトに関しても人の手を介することなく、自動で制御する機能を持っています。ソコワクのブレイクアウト機能は「ローカルブレイクアウト」と「リモートブレイクアウト」の2つです。

ローカルブレイクアウト

インターネットやクラウドサービスの利用は、端末が接続されたネットワークから直接アクセスする一方、特定の宛先への通信はVirtual Closed Networkを経由し、拠点に接続することが可能です。端末から直接インターネットへアクセスすることによって、拠点へのアクセスは特定の通信のみに限定されるため、拠点ネットワークの負荷が軽減されます。

ユーザー側はネットワーク経路の選択に一切操作は必要ありません。あらかじめ決められたポリシーに従い、ソコワクが自動で通信経路を制御します。ユーザーは通信先に応じた操作などを気にせず、自身の業務に集中できます。ローカルブレイクアウトの構成で、ソコワクによる暗号化通信はリモートアクセス先に対してのみ実施されます。これは、BYOD(私物端末の業務利用)の場合に、便利なソリューションとなっています。

ローカルブレイクアウトを使えば、Web会議はインターネットダイレクトで利用しながら、社内資料に同時アクセスする。そういった利用が、一切の操作なく実現できます。

リモートブレイクアウト

リモートブレイクアウトでは、ソコワク認証が成功した端末通信全てを、一度お客様専用の閉域IP網に入れます。お客様端末から閉域IP網への通信は全てVirtual Closed Networkを経由するため、安全な通信が可能です。

閉域IP網に入った通信は、お客様があらかじめ設定したポリシーに従い、リモートアクセス先(通常はお客様拠点)に対する通信と、それ以外の通信に分離されます。閉域IP網とインターネットが接するポイントは、FirewallもしくはUTM(お客様のご要望により選択可能)によって守られます。

たとえばSaaSの安全性を守るために、そのアクセス元は、会社ゲートウェイからのアクセスのみ許可しているケースが多いと思います。この場合、ユーザーをインターネットにオフロードすることでの拠点ゲートウェイの通信負荷低減を行うことができません。しかし、負荷分散のためにこの制約を外してしまえば、インターネットのあらゆるアドレスからSaaSアクセスが許可され、セキュリティ懸念が出てしまいます。

ソコワクのリモートブレイクアウトは、閉域IP網とインターネットの接点に固定のグローバルIPを設定できることから、閉域IP網からインターネットとの接点と拠点ゲートウェイからのみSaaSアクセスを許可するリモートブレイクアウトを用いることで、お客様のSaaSアクセス元をコントロールしながら、通信の負荷分散を実現でき、拠点ゲートウェイの通信集中を回避することができます。

Contactソコワクの特長を詳しく知りたい方は
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ
0263-50-7002(月〜金 10:00〜17:00)

よくあるご質問はこちら

無料

サービス紹介やお役立ち資料を
無料でご活用いただけます