メニュー

株式会社 エム・エス・ピー さま  導入事例

  • 業種有料職業紹介事業
  • 従業員数〜100人
  • 課題リモートアクセス環境の使い勝手が悪い

長野市に拠点を置く株式会エム・エス・ピーさまは、コロナ禍に伴って営業社員のリモートワークを始めました。暗中模索する中で当初はChromeリモートデスクトップを使用していましたが、取り回しのストレスを少なからず感じていたといいます。その折にソコワク® Secure RDP Connectの紹介記事を地元紙で見つけ、問い合わせして試用。スムーズな操作感に感銘を受けていただき、本格導入の運びとなりました。

導入前の課題
既存サービスの操作感やトラブルにストレス

ご担当者 代表取締役 高野裕也さま

当社の営業マンはやや遠方の在住で、コロナ禍において公共交通機関を使っての通勤にリスクが生じました。そこでテレワーク実施を模索し始めましたが、今までほとんど経験したことがなかったし、どう運用すればいいのか?というところからのスタートでした。インターネットで検索してPCを2台ずつ、会社用のホストPCと自宅用のクライアントPCを用意してChromeリモートデスクトップを使いテレワークを始めました。

社員にやらせるのなら私自身も経験をしなければ、ということでこの環境で3〜4カ月ほどテレワークをやっていました。しかし、会社のホスト側と自宅のクライアント側でデスクトップ画面のサイズが違って操作感が異なることや、マウスの動きにタイムラグがあること、途中で止まることなどのトラブルが度々あってストレスを感じていました。それでも、テレワーク環境ではこういったトラブルは仕方ない事なのだと妥協していたところ、地元紙でソコワク Secure RDP Connect の記事が掲載されているのを発見したんです。コロナウイルスの影響収束も見通せない中、Chromeリモートデスクトップのストレスを早くどうにかしたかったので、記事を見てすかさず問い合わせてみました。問い合わせは、新聞記事を見てすぐさせて頂いたと思うので、相当ストレスがたまっていたんでしょうね。(笑)

選んだ理由
安価で手に入る快適性と安全性 「地元企業」の安心感も

セキュリティは目に見えないものです。当社は有料職業紹介事業と家事代行サービス事業などを展開しているため、数千人という規模の人材の個人情報に加えてクライアントの情報も保有しています。どこの会社でもそうでしょうが、個人情報の漏洩は、会社の信用にかかわることですから厳重に管理する必要があります。テレワークだからといって、個人情報を社外に持ち出すことはリスクが多く、社外から個人情報に安全にアクセスする仕組みを作り上げる必要がありました。

その中で費用対効果を考えて無料のリモートデスクトップを続けるか、月額制のソコワクSecure RDP Connectを導入するかどうかの2択。ソコワクSecure RDP Connectは試用期間があり早速試したところ、非常にストレスフリーで快適でしたので、すぐに申込みをさせて頂きました。1ライセンス千円強で安心感と快適性が手に入る、という部分が一番の決め手になりました。

VAIOが同じ長野県の有名企業であることも要因の一つでした。私自身は以前に松本市で住宅メーカーの営業をしており、VAIOの本社がある安曇野市も頻繁に訪れていました。当然VAIOさんの存在もどんな会社かもよくわかっていたので、安心感があったという部分もあります。物理的な距離も精神的な距離感の面でも、同じ県内企業は大きく安心できるポイントです。VAIO以外のPCにも導入できるということで、弊社のPCに導入させてもらいました。

導入後の成果・効果
スムーズな操作感に満足 機密情報の扱いも安心

導入してみて、とにかく操作感がすごくスムーズになりました。「月額費用が多少かかったとしても使わない手はない」と思って使わせていただいています。何のストレスもなく効率的に仕事が回っていると感じますね。個人情報を扱う場面も多いので、そこがセキュリティでしっかり守られているというのも経営者側からすると大きな安心感があります。

私自身の話で言うと、子どもが小さいので早めに帰ることもありますが、お風呂に入れてご飯を食べさせて寝かしつけを終えると22時くらいで、そこからが1人の時間。夜な夜なソコワク Secure RDP Connect で仕事をしています。導入以前は非常にストレスを感じていましたが今は非常にスムーズで、快適に仕事をできています。

テレワーク環境が快適になったことで、会社でやらなくてもいいようなタスクを帰宅後にできるので、今までと違った働き方ができていて、非常に効率よく仕事ができています。

1点だけ課題といえば、ソコワク Secure RDP Connect は、ホスト側の画面がブラックアウトするので、リモートで仕事をしている際に、機密情報を扱う作業をしても、他の人に画面をのぞかれることに配慮する必要がないのがメリットですが、一方で私が出社していて営業マンが在宅勤務して接続していると、全く画面が見えなくて何をしているか把握できません。

そこは信頼関係なので何も言わないですし、私が逆の立場だとしたら安心感があるなとは思います(笑)。ただ、ホスト側の画面が見えるかどうかの選択式になれば理想かなと感じています。

ご担当者様のコメント

仕事の働き方も見つめ直すきっかけになり、効率的に仕事ができているので非常によかったと思います。

仕事の働き方も見つめ直すきっかけになり、効率的に仕事ができているので非常によかったと思います。不具合が出たときにも今までは自分たちで調べてトラブルシューティングをしていましたが、今はソコワクの担当者さんに聞けばすぐにレスポンスが来るので心強いです。ソコワクが原因かと思い問合せした結果、PCの問題だったこともありましたが、VAIOさんは、PCメーカーでもあるのでそのあたりのサポートも迅速で助かりました。とは言っても、問い合わせの内容は初歩的な質問から些細なトラブルばかりですが(笑)

リモートワークが普及し、将来的には例えば県外在住の優秀な人材を採用するなどの活動も可能になってくるでしょう。そうなった場合にも必ずセキュリティの問題はついて回るので、その意味でもソコワク Secure RDP Connectのようなしっかりしたサービスを活用することは経営者として必要になってくると思います。

代表取締役 高野裕也さま

お客様プロフィール

所在地長野県長野市吉田3-22-1ながの東急ライフ3F
URLhttp://www.kmsp.biz-web.jp
概要1984年設立。創業以来の柱は有料職業紹介事業で、通称「マネキン」を派遣する。具体的には、スーパーなどの量販店で試食・試飲販売をする人材や、百貨店に入っているテナントでの販売スタッフなど。このほかコロナ禍に伴い、2020年9月からは新規事業として家事代行サービスを立ち上げた。高野裕也社長は2代目に当たり、2013年から現職。