ソコワクのメリット-煩雑さの解消③

管理ポータルによる簡単管理

今回は、「管理ポータルによる簡単管理」について、ご説明します。

モバイルPCとリモートアクセスを利用していると、各端末へのセットアップ、全体ライセンス運用や、資産管理といった導入・運用管理工数が発生します。棚卸や人の移動、そして契約ライセンスの解約等を目的として、そういった情報を管理しなければならないケースは多いでしょう。
具体的には、AさんにVAIO PG(PC名:SOKOWAKU001)を配布し、利用するSIMカードの電話番号は、080-XXXX-YYYYで、リモートアクセスのIDは、RAS_001を利用してもらう。こういった情報を管理しなければ、例えば、社内移動により、Aさんのリモートアクセス ライセンスを、Cさんに譲りたい、または、AさんのSIMカードを解約するため、SIMカードの電話番号を確認したい。そういった場合に、関連する情報を紐解くのが大変です。また、万が一、PCを紛失してしまった場合は、そのPCの特定を早急に行いたいこともあると思います。

しかしながら、こういった管理は意外に人力に頼っている方も多いのではないでしょうか?もちろん、納入業者でのキッティング時に、そういった情報をまとめて納品していただくなどの処理を行っている方もおられるかと思いますが、なかなか大変な作業であることに違いありません。

ソコワクは、セットアップをクラウドから自動化するとともに、セットアップと同時にPC個体情報(SIMカードを利用している場合には、その情報も)収集し、クラウドで端末ごとの情報を可視化することでこういった管理負担を低減させる、管理ポータルを提供しています。管理ポータルは、以下のような機能を提供します。

  • セットアップの自動化
  • PC資産情報の自動収集
  • PC資産情報及びソコワクライセンスの可視化
  • 端末接続状況の監視

これらの機能により、リモートアクセス導入時のIT管理者負担を軽減できるとともに、PCの資産情報を一覧で確認、検索できることで人の移動やPCの再セットアップなど、運用中に起こりうる様々なケースに、スムーズに対応することが可能です。また、端末接続状況の監視では、現在どの端末が接続されているかリスト上に表示し、端末の通信開始、終了の時刻も取得可能なため、セキュリティ面などでも非常に安心です。さらに万が一の場合に備えた、緊急通信遮断機能も備えていますが、これについては、後日の技術ブログで、より詳しくご説明します。

このように、ソコワクは導入だけではなく、運用も簡単にする仕組みを提供しており、サービス導入と運用に伴う様々な煩雑さをなくし、TCOの削減につなげることが可能です。
PCとリモートアクセス ライセンスの管理は、ソコワクに任せてみませんか。

次回は、『ブレイクアウトの自動化』について、紹介させていただきます。
テレワークの急増により、拠点の通信集中によるトラブルや快適さの阻害を軽減するため、SaaS利用は、インターネットから直接アクセスを許可するケースもあると思います。ですが、利用するサービスに応じて回線接続を切り替える。これは大変面倒です。ソコワクならそんな問題も簡単に解決できます。

『ソコワクのメリット-煩雑さの解消』
  1. セキュア回線自動接続
  2. 低コスト回線自動選択
  3. 管理ポータルによる簡単管理
  4. ブレイクアウトの自動化